外来

外来診療

小児から高齢者の日常生活の急性期ないしは慢性的の各関節または頸椎、腰椎の痛み、しびれ等の症状に対し丁寧に取り組んでおります。

痛みや違和感の中には、徐々に発症したため患者様ご自身でも原因が分からないという場合もあります。
冨田整形外科では、全身をチェックして原因箇所と発症箇所を正確に把握することで的確な治療をご提案し、早期改善を目指していきます。

事故や労災にも対応しております。
我慢せず、お早目のご来院をオススメします。

スポーツ外来

小学生からプロスポーツ選手まで、スポーツによるケガの治療と予防指導をおこないます。

スポーツ外来では、スポーツに伴った使いすぎ(オーバーユース)によるケガや障害を診察します。

スポーツによるケガや障害の多くは、適切な初期治療をおこなうことでほとんど治すことができます。冨田整形外科ではスポーツ医学に精通した医師がおり、運動器リハビリまでトータルでのサポートが可能です。

特徴

01
スポーツへの復帰を第一に考えた治療をおこないます。
02
症状が出ている箇所以外も診療し根本改善を目指します。
03
身体が未完成な子供から筋肉量の多い大人まで対応します。
04
ケガをしにくい身体づくりの指導までお任せいただけます。

治療・ケア内容

物理療法
症状に合わせて電流や超音波などの機械を用いてアプローチしていきます。
運動療法
トレーナーによるリズム体操やストレッチ指導、筋トレ指導をおこないます。
セルフトレーニング
セラピストの指導のもと、エルゴメーターやトレッドミルなどをおこないます。
個別リハビリテーション
ウエイトマシンなどを用いて、身体の状態に合わせたリハビリをおこないます。
関節鏡手術
構造上に問題が起きてしまっているケガの場合は、手術による治療をおこないます。

メディカルチェック

スポーツ障害は医学的に「使いすぎ症候群(オーバーユース)」と言われ、身体を酷使することで発生する疾患です。運動に伴う筋肉の伸縮とねじれ、骨での衝撃吸収など、スポーツが身体に与える負荷は決して小さくありません。スポーツ歴・運動時間の積み重ねは、そのまま身体への負担の積み重ねでもあります。
長くスポーツを楽しむためには、運動後の適切なケアとケガをしたときの迅速な治療・リハビリが必要不可欠です。

冨田整形外科では、いち早くオーバーユースに着眼し、スポーツ障害の予防と早期発見を目的に、少年野球チームに対してメディカルチェックをおこなっています。
10項目の障害チェック・X線撮影によるゼロポジションのチェック・柔軟性と筋力のチェックをおこない、その結果に対してホームケアやトレーニング、栄養などの指導などをおこない、障害に対する個々の意識向上もめざしています。

また、隠れた障害がないか、一連の検査もおこないます。万が一病気が見つかった場合は、運動をしても問題がない障害かどうか、どのような条件下なら安全に運動ができるかなど検査・検討します。